気になる海外事情発掘!−海外通信 ビズコラム−


- Vol.2 パリの交通事情 -


ボンジュール!ビズ・コラム第2弾はパリの交通事情です。


パリというとまず思いつくのがMetro(メトロ/地下鉄)。 ガイドブックなどにおしゃれな地下鉄のホームの風景、よく見かけるかと思いますが、 Metro(メトロ)も乗るラインによってさまざま、駅の感じもそれぞれ違って個性的です。


個性的といえば、ブラウンカラーの11番線Arts et Metiers駅。 駅構内には大きな歯車のオブジェが天井からでていて圧巻!潜水艦の丸い窓が壁にうめこまれていたりもして、まるでSF映画のセットのよう。。この界隈はアクセサリーや洋服の問屋がたくさんあります。


それから、パリの南側を東西に結ぶ、ペパーミントグリーンの6番線。このラインは、地下鉄でも途中から地上に駅が上がり明るい印象。
中華街のある13区から高級住宅地の16区まで続いています。    


おすすめは、このラインのBir-Hakeim駅近辺。電車の中から窓を眺めると、巨大エッフェル塔が間近に見れてちょっと感動!です。



 
メトロの次は、Autobus(バス)。 乗り放題のチケットや定期を持っていて、ちょっとパリの地のりがわかってきたら、こちらもおすすめです。


メトロと違って外の風景が見えるので、ちょっとした観光気分も味わえます。 おすすめは、No.27、39、95、No.24、84、94番バス。セーヌ川を渡る橋のところや、コンコルド広場を通る時、ルーブル美術館の界隈をぬけるところ などは、バスから眺める風景は本当にきれい!


それから、夜に偶然、バスに乗っていて、エッフェル塔のチカチカ! (1時間おきにライトがウィンクします)に遭遇した時などは、何度見ても感動〜!です。



 
そしてお次は、Tramway(トラム)。 最近復活したこのトラムは、街の通りに駅があってひょいっと乗れ、行く場所によってはとても便利。


バンヴーの蚤の市へのアクセスも、わざわざ地下鉄を乗り換えて遠回りしていた方にとって、横移動ができ時間も短縮!車内は窓ガラスが大きく、外の景色も見やすくてとてもクリーンです。



 
そしてトラムと同じくちょっと前にお目見えした、 Velib(ヴェリブ/貸自転車)。 エコを考えて採用されたらしくかなりあちこちで見かけます。
自転車Velo(ヴェロ)自由Libre(リーブル)を掛け合わせてネーミングされたところは、とてもフランスらしい感じ。
日の長い夏にジモッティをきどって、パリの街中をヴェリブで駆け抜けてみるのも楽しいかもしれません♪



 
こちらは、メトロに置いてある毎週月曜発行の "A Nous Paris"(フリーの情報誌)。 おしゃれなデザインで、パリのイベント情報(アート・シネマ・グルメ・ファッション)満載のお役立ちものです♪ 駅によっては、早くゲットしないとすぐなくなってしまうので要チェック!
 

 
こちらもメトロでもらえるフリーの新聞。内容はNewsや時事ネタが多めです。
     

フランス/夕暮れ時のMetroの入り口
夕暮れ時のMetroの入り口。
フランス/メトロが到着
メトロの電車が到着。
フランス/駅によって色合いや雰囲気が違うホームの風景
メトロのホームの風景。
フランス/St.Germain-des-Presの駅/ホーム
St-Germain-des-Pres の駅。白い壁に影絵のように文字が照らし出されていて幻想的!
フランス/ホームの脇には、ライトアップされたショーケースに写真やアーティストの作品が並んでいました。
駅の構内のエキスポ風景。
ショーケースにはアーティストの作品が陳列。
フランス/Gare de Lyonの駅の風景。ジャングルのような緑がガラス越しに見えて植物園のような雰囲気。
ジャングルのようなGare de Lyonの駅。
フランス/バス停留所
こちらはバスの停留所。
フランス/トラム
街中にトラムが到着〜!
フランス/トラム車内風景
トラムの車内は明るくきれい。
フランス/貸自転車
Velibの貸自転車がずらりと
並ぶ風景。
フランス/貸自転車
こちらはそのVelibを借りる
機械。
※写真をクリックすると拡大で見られます